銀花ゆるふわ日記

大好きなガジェット・デザートを紹介するブログです

MENU

桔梗庵「信玄餅」

桔梗庵「信玄餅

日本の伝統的な和菓子には、その土地土地の歴史や文化が色濃く反映されています。今回は、山梨県の代表的なお土産としても知られる「信玄餅」を取り上げ、その魅力に迫りたいと思います。

信玄餅とは?

信玄餅は、山梨県を代表する和菓子で、きな粉(黄な粉)、黒蜜、そしてもち米から作られる餅が三位一体となって絶妙な味わいを生み出します。このお菓子の名前は、戦国時代の武将・武田信玄に由来しており、その歴史ある名前が示す通り、長い間多くの人々に愛され続けています。

桔梗庵のこだわり

桔梗庵では、素材にこだわり、伝統的な製法を守りながらも、現代の味覚に合わせた信玄餅を提供しています。特に、もち米は国産の上質なものを使用し、きな粉は香り高い大豆を独自の方法で挽いています。黒蜜もまた、風味豊かなさとうきびから作られるこだわりの一品です。

実食レビュー

実際に桔梗庵の信玄餅を食べてみたところ、まず驚いたのはその柔らかさ。口の中で餅がとろけるような食感と、きな粉のほんのりとした甘さが絶妙にマッチしています。そして、黒蜜をかけることで、さらに深みのある味わいが楽しめました。

まとめ

桔梗庵の信玄餅は、伝統的な味わいを大切にしながらも、現代の食文化に合わせた進化を遂げている和菓子です。山梨県に訪れた際は、ぜひこの地の味を体験してみてください。

 

豚キムチ炒め

今夜の晩ごはん: 自家製豚キムチ炒め

材料

  • 豚バラ肉(薄切り): 100g
  • ごま油: 小さじ1
  • キムチ: 100g
  • 長ねぎ: 100g
  • ニラ: 50g
  • しょうゆ: 大さじ1

作り方

  1. 長ねぎは斜め薄切りにし、ニラは3cm幅に切ります。
  2. 豚バラ肉も3cm幅に切り、フライパンにごま油を熱して中火で炒めます。
  3. 豚バラ肉に火が通ったら、キムチと長ねぎを加えてさらに炒めます。
  4. 長ねぎがしんなりしたら、ニラとしょうゆを加えてさっと炒め、火から下ろします。

コツ・ポイント

しょうゆは最後に加えることで、焦げずに美味しく仕上がります。また、キムチの量はお好みで調整してください。2

まとめ

この豚キムチ炒めは、簡単で失敗知らず、ごはんが進むこと間違いなしの一品です。忙しい日の夕食にもぴったりで、家族からも大好評でした。皆さんも是非、このレシピを試してみてくださいね!